お待ちかね、車売却とリサイクル料の感想、所感

お車を売却するさいの仕方としては下取りと買取りというのが有ります。下取りの場合はおニューのクルマを手に入れる時にこれまでのくるまを引き取っていただくというものです。主として新車の販売店が買い取りをすることになるので買い取りプライスはわりと低めに見られることが多いです。

一方、買取のケースは中古車買取り専門の業者がやっており、中古の車という名目で売る事を前提に引き取り値段を決定するため、わりと高プライスの引受けが望めるでしょう。どっちにしても中古車を売却することであり、売却する前に引き取り金額を決めるための見積もりがおこなわれることとなります。

見積もりをして頂くさいに気に掛かるのがリサイクル料です。ユースドカー見積もりで出される額としては自分のクルマのそれ自体の金額、愛車に附随するリサイクル料や自賠責保険などなど含んだ金額の二種類が有ります。リサイクル料は中古車を購入した場合、もしくは「リサイクル料」が未払いだったときには車検を通した時支払いになりますので、後に愛車を廃車として解体する際に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするさいの料金という名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、壊してしまうケースでJARSから支払われることになります。

コストはだいたい、軽自動車であれば8千円ほど、国産車で約1万円、外国の車とかで15000円くらい、それとは別に2万円程度を入金する必要がございます。大半の自動車買取では、こうしたリサイクル料金をくるまの引取りプライスとは他のものとして引受けされる事となる訳ですが、リサイクルの代金を含めて買取価格だという場合もあり、引き受けを望んでいる際にあらかじめチェックしておくのが大切です。