きましたね車売却とリサイクル料のことを考えてみた

ユーズドカーを売るときの手段といえば下取りと買取りの2つが有ります。下取のケースというのは次の自分のくるまのを購入すると同時にこれまでの愛車を引受けして頂くというものです。大体は新車の販売会社が買取をすることになるため売却額としてはどちらかというと低価格に見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りの場合には中古車買取専業店がおこなっているもので、中古の車として販売することを予定に買取りの金額を決定するので、やや高値での引取りが期待できるでしょう。どちらにしても車を売る事であり、売り払う前に引き受け価格を決めるための鑑定がおこなわれることとなります。

鑑定をして貰うケースで気になるのは「リサイクル料」です。自動車査定で出してもらう金額というのはくるま本体の額、自分のクルマのに附随する自賠責保険とかリサイクル料などを含んだ価格の2つの種類が御座います。「リサイクル料」はマイカーを手に入れた時、若しくはリサイクル料が未払いの時には車検を通した場合支払われるもので、先々中古車を廃車にして壊してしまうさいに必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする為の費用として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体するさいにJARSから支払われるということになります。

コストは、軽であれば8千円くらい、国産車であれば10000円程、外国の車等で1.5万円くらい、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要があったりします。大体の愛車引き受けですと、そうしたリサイクル料を愛車の買取価格とは別ということで引受けされるというような事となる訳ですが、リサイクルの料金を含めて買取値段だというケースもあり、引受を依頼するさいには先にチェックしておくということが大切な事となります。