きましたね車買取と下取の感想、所感

愛車を売り払いたい場合の方法としては下取りと買取りの手続きが有ります。下取りは次のマイカーをゲットした場合には、古い中古車を引き取っていただくものです。その中古車が乗車ができる状態だとすれば買値が付くのですが、古すぎたケースでは廃車にする費用を必要とされる場合もあるでしょう。

下取ですと専門店が引き取るわけじゃないので、希望価格での引受けは難しいと思いますが、次の自動車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能であるといったいい点があります。その一方買い取りは、専業の車買取専業店にお願いして引き受けていただくといったものです。その手続きが分かりづらいといったよくない点も有るのですが、買い取られた自分の車はユースドカーとして流通するのが前提ですから、比較的希望するような値段での売渡が望めます。

買取も下取も手続きのさいには様々な書類をまずは準備しておく必要があります。どういうものかというと、車検証の原本と自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。さらに実印や印鑑証明と、住民票等も必要です。

手続きの場合には委任状や譲渡証明書も必要書類になりますが、これらは買い取りの専業店が準備してくれるでしょう。引受けを頼みたいこちら側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定時もこれらについてはチェックが入るので、無くしたときには再度発行していただく必要があるのです。

たとえ失くしたケースでも査定そのものはして貰うことはできるのですが、その場で買取りは出来ないので鑑定額に悪い影響が出ることとなるでしょう。