これこそ日本自動車査定協会の取組」について思うこと

クルマの下取・買取時は、最初に査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、お客様から買い取りや下取りする時にまともな評定を下すための工程であり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、加えて認められた方法でないと良くないのです。ただ、こちら側からしますと、見積がどうやってやられているのか正確には知らなかったり、正当な仕方で調査されているのかはどうにも認識することが出来ないものですよね。しかしながら見積の方はユースドカーの価値を確定させる大変大事な過程ですから、方法や考えにさまざまなものがあると世間のパニックの要因にもなってしまいます。

そのようなパニック状態を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会という機関は、適正な鑑定が行われるように動いている団体であり、お客さんが信頼して鑑定に出すことができ、そのうえで満足できる結果となる制度作りの取り組みをしています。

実際の内容的には、例えばまっとうな査定士を増やす為の資格試験をおこなっており、査定協会が行っている学科やスキル研修を受けて頂き、その後査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活躍するのには協会への登録が必須となり、しっかりとした知識や義務でもってお客さんの所有車の評定をおこないます。つまり適正な見積のための資格を持つ人間が評価をしますので、お客さんも安心して買取とか下取に愛車を提出することが出来るわけなのです。