そうれ!車査定事故歴などについて

古い自分の車の買取りを依頼した時には、まずは審査を受ける事になります。その際の鑑定については買い取り専門店の人がやり、中古車市場の金額などから金額がはじき出されるものとなります。

だいたい中古車として売りに出されている金額の20~30%程度が買取の金額と言われているようですが、人気のある車種であったり、希少価値のある車であるケースでは高い見積額がつくといったケースもあります。それと、製造年は新しいほど高く売れます。ただし、そうした買取り価格は愛車が完全な状態のときであって、そうじゃない場合には査定は厳しくなります。なかでも特に事故車等は買取金額にかなり影響してきます。

修復歴というのも定義が微妙ですが、基本的に自動車の本体であるフレームの部分にまで駄目になっているようなアクシデントをしてしまった車は事故車という事となります。この修復歴のあるくるまは将来においてなんらかの悪い影響が現れるという危険性が有るので、買取金額に於いては短所になります。一方で、フレームの部分まで影響が及ばず、外装を修繕した位だったら大丈夫なのですが、とはいえ修理歴は付きます。

モチロン修復歴としては付くわけですからマイナスの害は有るわけですが、事故車に比べ低く見積もられることはないです。それと、エンジンなどにトラブルが出ている時にもマイナスという事で見積もりされますし、常々の点検整備の状況が買取額に関わってきます。

その辺はシロウトには気づかない所ですが、審査をする買取専門ショップの方ではキッチリその辺りも見てくるでしょう。

どちらのケースでも修復歴がないということが古いクルマの見積が上げることができるかどうかのポイントになります。