とうとうです、車の買い取りとリサイクル料金のことを考えてみた

ユースドカーを処分する時の方法といえば下取り、そして買い取りというのがあります。下取のケースというのはおニューの自分のくるまのをゲットする際一緒に今までの自動車を引受けして頂くというものです。大体は新車取扱店が買取りをおこなうため売り値の方はどっちかというと低くなることが多いです。

もう一方の買取りのケースはユーズドカー買い取り専門ショップがおこなっているもので、中古の車として店頭に出すことを予定して引受額を決めるため、どっちかというと高値での買取りが望めるでしょう。何れにしても車を売却する事であり、売却する前に引き取り金額を決定するための審査がおこなわれることとなります。

審査をして頂く場合気になるのはリサイクル料になります。ユースドカー審査で出してもらう金額というのはマイカーそれ自体の価格、自家用車に附随するリサイクル料とか自賠責保険などなどいれた額の二種類がございます。リサイクル料については愛車を手に入れた際、またはリサイクル料が未払いだった場合には車検を通した際に支払いとなるもので、将来的に自分のクルマのを廃車にして壊してしまう場合必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルする時のコストということで使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう場合自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

コストは、軽自動車だと8千円くらい、国産車であれば1万円程、外国製自動車等であれば15000円くらい、それ以外で2万円程度をいれる必要が有ります。だいたいのくるま引き取りですと、そういった「リサイクル料」を愛車の引受プライスとは別ということで引受されるというような事となるんですが、リサイクルの料金を含んで評定価格としている場合も有り、見積もりを依頼する場合事前にチェックしておくということが大切な事となります。