どういうこと?中古自動車査定制度について思うこと

古くなった車の下取や買取の時には、初めに査定をすることでしょう。査定イコール、お客さんから買い取り・下取時に冷静な鑑定をするための下調べであり、その為にはいろいろな方から認識され、さらに受け入れられた手続きをしないとまずいのです。ただし、消費者側からすれば、査定がどんなふうにされているのかはっきりとは確認できてなかったり、正当な段取りで作業されているのかはなかなか確認することが難しいものです。ではありますが査定と申しますのはお車の価格を決断する大変重要なプロセスである為、考えややり方に色んなものがあると世間がパニックとなる一因にもなるのです。

そうしたパニック状態を起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

日本自動車査定協会とは、厳正な値踏みが行われるように活動している機関のことで、消費者が安心して見積に出すことができ、そのうえで満足できるシステム作りの行いをしています。

分かりやすい中身としては、例えば健全な査定士を増加させるための資格試験を実行しており、査定協会が実施する学科や技能研修を受けて頂き、それから査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そして査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、まっとうな知識や義務でもって消費者のくるまの鑑定を行います。つまり適正な見積のための資格を有している者が鑑定を行いますので、私たちも安心して買い取りまたは下取に車を出すことができるのです。