どういうこと?中古自動車査定制度の感想、所感

愛車の買い取りや下取りの時には、初めに査定をしてもらうかと思います。査定とは、お客さんから下取や買取の時に正当な見立てをするための作業であり、それを行うためにはたくさんの人から納得され、加えて了解された手続きでないと良くありません。ですが、客側からすると、値踏みがどんな具合にやられているのか完全には認識していなかったり、適正な手順で調査されているのかは案外認識することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても値踏みというのはお車の価格を確定させる重要な方法である為、考え方やその方法にさまざまなものがあると世間がパニックとなる一因にもなってしまいます。

そんなパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関があり、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会というのは、適正な値踏みが行き渡るように機能している機関であり、お客さんが安心して値踏みに出せて、しかも満足のいく制度作りの活動をしています。

中身としては、例を出すとキチンとした査定士を増やす為のテストを実行しており、査定協会が実行している学科及び実技の研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が付与されます。そして査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした心得や義務を以てして消費者の車の審査をします。要するにきちんとした査定のための資格を有している者が値踏みをしますので、客側もリラックスして買取とか下取に車を出すことが可能となるのです。