なんと!中古車の査定のことを考えてみた

ユースドカーの買い受けの際は、必ずその車の見積もりを行います。車の型式や何年式かによって、基礎となる通常時の値段の理解をしておきます。これに比べ更にコンディションが良くなければ、査定金額を減らすというような順番で処理を行っていくこととなります。

普通の状態での金額の件については買い取る側でベースとなる金額というものを保有しています。これは業者間だけで見られるもので、その金額は車種と年式から残されているものです。とはいえ、この金額はあくまでも標準的な数字であり、その他の意味あいはないものです。加えて、その値段よりも高い金額で買取をされたりもしくは安値で買い取られたりするケースも間違いなくある話です。

業者側としてみれば出来るだけ安値で引き取りたいですから、お店にもよりますが基本的な買取標準価格を提示したうえで、もっとロープライスな方向へ話を持っていこうとします。こちらの気持ちとしてはいくらかでも高く売渡したいので、ここでは一気に攻めるのがいいと思います。または、売却に関してのプライスが解決できなかったケースであれば保留とし、そこで話を中断しておきます。そして違う買取業者とやり取り進めていくわけです。

そこでもし金額がもっと高くなって納得できたなら、最初の買取店との駆け引きはダメになっても特に問題ないです。つまり、売ろうとしている側が好きなように話を進めていけばOKなのです。何があっても気を付けたいことは、拙速に売却額を結論付けてしまい、後々悔いるということです。額面はとにかく強気に攻めた方が後で悔やまないでしょう。