ほら、「残債がある車の売却」とのことだけどどうなんでしょう

自動車の買取ショップに査定をしてもらったものの、残債を払いきっていないという事もあるかもしれません。そうしたケースでは、買い取って欲しいお車の所有権が貴方自身なのか誰か別な方であるのかをまずチェックしておく事が必須です。

実際のところ、持ち主に関してどの辺を確認すると良いのかというと、「自動車検査証」に載っている氏名がクルマの持ち主ということになります。

くるまを購入するタイミングで銀行等が提供するローンを設定されたケースでは、この「車検証」に記載のあるお名前がご自分のお名前になっている訳ですが、ローン支払いを組まれたのが信販系の会社であった場合は名前がそこの名前になっています。信販会社でローンを組む場合になぜこういった形でその会社を持ち主として記載するのかというと、その理由としては支払いが滞った時に、スグに車を担保として確保することを考えているからです。

そういった事情により持ち主名義がローン会社となっている時にはそちらのクルマを自分の好きに売る事はできません。何が何でも売却したいならまずは残債を完全に返済するか割賦契約の組み換えによって所有者をご自身に変更した後で売却をすることが必要です。そうはいっても実際にこうしたことが可能なのが今手持ちの資産が豊富にある時という事に限定されます。だとしたら資産がない人はどういったやり方が望ましいでしょう。

こうした場合は、審査をやってもらったお車買取店に相談すれば、自動車の売却額から残りの返済分をキレイにし、オーナーをご自分の姓名に直して頂くことができるという訳です。手続きについても全部買取ショップに任せることが可能なので問題ありません。