ほら、中古車査定と「事故車」について調べてみた

古くなったお車売り渡しをお願いした際には、一番初めに鑑定を受けることとなります。その査定の方は買取専業店の人がおこない、オークションマーケットの価格などから金額がはじき出されるものとなります。

大体、古い車ということで販売されているプライスの20~30%程度が査定価格となっているようですが、好評なくるまだったり、希少価値のある車等の場合には高い見積金額がつくといった時もあるでしょう。その他、年式は新しい方がやっぱり高く売れます。ただし、そういった買取金額はマイカーが万全な状態の場合であり、万全ではないケースだと低い鑑定となります。なかでも特に事故の跡は見積価格に相当影響します。

事故車といっても定義が曖昧ですが、基本的に車両の骨格であるフレームの部分にまで駄目になっているようなアクシデントを経験した車は事故車となってしまいます。この修復歴のあるクルマはいつか何らかのマイナスの影響が出現するという危険性があるので、査定に関してはマイナスとなるのです。一方、フレームの方にまで影響しておらず、ボディを修復したくらいなら問題ありませんが、とはいえ修理歴としてはつきます。

勿論、修復歴は付く訳なので良くない害は有るものですが、事故車に比べて見積もりが低くなることはないです。そのほか、エンジンや変速機などに面倒が発生している場合にもマイナスに査定されますし、日頃の維持管理の良し悪しが買取の値段に影響してきます。

そのあたりはシロウトには気づかない所ですが、見積もりをおこなう買い取りの専門店はキチンとそのあたりも見てくるでしょう。

どちらにしても修理歴は無いことが自分のクルマの買取金額を上昇できるかどうかの最低条件となります。