ほら、中古車査定と必要書類のこと

自動車を手放したい際における方法としては下取や買取等の手順があります。下取りに関しては、次のクルマを購入したタイミングで、それまで乗っていたくるまを引き受けて頂けるものです。その自動車がドライブが差し障りないクルマであったら価格がつくのですが、とんでもなく古すぎるクルマであったケースでは逆に処分費用を請求されるケースがあります。

下取りは専門業者がおこなうという事じゃないので、望むような価格での売却は難しいでしょうけど、新しい自動車と交換をする形で乗り換えができるいい面があります。その一方買い取りの場合は、それを専業としている中古自動車買取ショップに依頼して引き取っていただくものです。時期がややこしいなどの良くない点もあるわけですが、買い取られた所有車はユーズドカーとして流通するのがもともと前提ですから、結構高い値段での譲渡が期待できるでしょう。

下取、買取どちらのケースでも引き渡す場合には必要書類をまず用意しておくことが求められます。その必要書類としては、車検証の原本と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。そして実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

手続きの場合は譲渡証明書や委任状等も必要となるのですが、そのあたりは買い取りの専門店にて用意してくれるでしょう。買取りをお願いするこちら側としては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、実印、住民票および印鑑証明が用意すべきものになります。値踏みしてもらう時もそれらが確認されるため、失くしたさいは再度発行してもらうこととなります。

もし失くした際でも値踏みだけを受けることは出来ますが、即日買い取りは出来ないため見積もりの値段に悪い影響が出るでしょう。