ほら、買取や下取リサイクル料について調べてみた

クルマを売り払うさいの手順としては下取りと買取りのどちらかがあります。下取のケースというのは次の自分のクルマのをゲットする際にこれまでのくるまを買い取りしていただくというものです。主としては新車の販売会社が引受をすることになるので金額としてはどっちかといえば低目になるケースが多いです。

他方、買い取りの方はユーズドカー買い取り専門ショップがするもので、ユースドカーとして店頭に並べることを前提に買取の額を決定するので、割と高プライスの引き取りが望めるでしょう。何れにしても所有車を売却することであり、売却をする前に引取り価格を決めるための審査がされることとなります。

見積もりをしてもらう時気になるのは「リサイクル料」です。自分のくるまの審査で提示される値段というのは自分のくるまの本体の額、くるまについてくる自賠責保険とかリサイクル料等々含めた価格の二種類があります。「リサイクル料」は愛車を手に入れた場合、またはリサイクル料が未納だったときには車検を受けた場合に支払われるもので、将来的に愛車を廃車として壊してしまうさいに必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするための費用ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、壊してしまう時に自動車リサイクルシステムから払われることになります。

コストはだいたい、軽だと8千円ほど、国産車だと約1万円、外国の車等で1.5万円ほど、それとは別に2万円位をいれる必要があったりします。多くの車引き取りであれば、こうしたリサイクル料を自動車の買取りプライスとは他として引き取りされるというような事となりますが、リサイクル料金をいれて引き受け金額であるというケースもあり、引受を望んでいる時にまえもってチェックしておくということが大事です。