ユースドカーを売りはらうさいの手段に関することを、当ページでじっくり確認しておきましょう

古い自動車を処分する時の方法には買取、そして下取というのが有ります。下取の場合は新しいお車を買う際、今までお乗りのユーズドカーを買受していただくというものです。たいがいは販売会社が引き受けを行うためお値段は割と低くなることが多いです。

逆に買取りの方はお車買取専門店がおこなっているもので、古い自動車という名目で店頭に陳列することを前提として買取りプライスを決定するので、どちらかというと高値の買い上げが期待できます。いずれにしろ使用ずみの車を売る事であり、売却する前に買上プライスを決めるための品さだめが行われることとなります。

品定めを依頼するとして気に掛かるのがリサイクル料です。中古の自動車の審査で出される価格としてはその中古車それ自体の価格、マイカーに附随するリサイクル料や自賠責保険等含んだ金額の2つの種類があります。リサイクル料はその使用済みの車を手に入れた際、若しくはリサイクル料が払われてなかったケースでは車検の場合に支払いになりますので、将来的に中古自動車を廃車として壊してしまうケースで必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルする為の代金という名目で使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまうケースでJARSから払われるということになります。

その場合の代金は大体、軽であれば8千円くらい、普通車の場合10000円くらい、外車ですと1.5万円くらい、その他で2万円くらいをいれる必要性が御座います。たいがいの使った自動車引き上げだと、これらのリサイクル料を古い車の買い受け価格とは他として買い取りされるという事になるのですが、リサイクル料金をいれて買取り額であるという場合もあり、引受を頼む場合先ずはチェックしておくことが大切です。