ユースドカーを売り払う時のやり方のことを、ここらでじっくり見ておきましょう

使用していた自動車を売りわたす場合の段取りといえば買取、そして下取の両方が有ります。下取りのケースというのはおニューのお車を手に入れる時に今迄乗っていたu-carを引き取って貰うというものです。たいがいは新車の取扱店が買取を行うので金額のほうはやや低目に見られるケースが多いです。

他方、買取りの場合には愛車買取専業店がしているもので、使用していた自動車として売却することを前提として買取りの値段を決めるので、どっちかというと高値の買上が望めます。どちらにしてもユーズドカーを引き上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買上金額を決定するための品評がおこなわれることとなります。

見立てを行うケースで気に掛かるのが「リサイクル料」です。中古の自動車の評価で出してもらう額というのはその自家用車そのものの価格、マイカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料といったものを加えた値段の二種類がございます。リサイクル料についてはその中古自動車を買ったさい、若しくはリサイクル料が未納の時には車検を受けたさいに支払われるもので、先々使用済みの自動車を廃車にして解体するケースで必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする為の代金ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時にJARSから支払われることとなります。

料金は大体、軽で8000円位、国産車の場合で1万円程、外国の車などで15000円程、それとは別に20000円程をいれる必要がございます。たいていのユーズドカー引き取りでは、そうしたリサイクル料をマイカーの買い受け値段とは他として買い取りされる事となる訳ですが、リサイクルの料金を含めて引取りプライスとなってる場合もあり、見積もりを希望という場合は前もって確認しておくことが大切なこととなります。