ユーズドカーを売りわたす場合の進め方に関してですが、このページでしっかりと確認しておきましょう

使用ずみの自動車を売りはらう時の手段といえば下取りと買取りというのが存在しますね。下取の場合は次の自動車をゲットする時に古い使用済みの車を引き受けて貰うというものです。たいがいディーラーが引き取りをおこないますので価格はどっちかといえば低目になるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうは不要車買取り専門の業者が行っているもので、使った自動車として店頭に出すことを前提に引き上げ値段を決めるため、割りに高目の引き上げが望めます。いずれにしてもユーズドカーを買取してもらうことであり、売却する前に引き受け価格を決めるための診断がおこなわれることとなります。

格付けをしてもらう場合気になるのは「リサイクル料」です。使用済みの車の評価で出してもらう値段というのは愛車そのものの価格、自動車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等入れたお値段の二つの種類があります。リサイクル料についてはその使用していた車を手に入れた時、若しくは「リサイクル料」が払われてなかった時には車検の場合支払いとなるもので、この先ユーズドカーを廃車として解体処分するケースで必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするための料金として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する場合JARSから支払われることになります。

その場合の代金はおおよそ、軽自動車なら8000円程、国産車で1万円ほど、外国製自動車などで15000円くらい、そのほかで2万円位を入れる必要があったりもします。大体のマイカー買取りだと、これらのリサイクル料を使っていた車の引き受け値段とは他として引受けされることになるワケですが、リサイクルの料金を含めて引き受け価格となっているケースもあり、買い取りをお願いする場合にまえもってチェックしておくということが大事です。