不要車を売りわたすときの進め方のことを、このへんでちゃんと把握していきましょう

使っていた車を売却する時の進め方には下取と買取のどちらかが存在しますよね。下取のケースというのは次の自家用車を買う際、今までお乗りの使った自動車を引き受けてもらうというものです。だいたいは新車ディーラーが引き取りをするので売り値のほうは割と低めになりがちです。

逆に買取りのケースは愛車買取専業店がしているもので、使用ずみの車として販売する事を予定して買い上げ金額を決定するので、結構高プライスでの買い受けが期待できるでしょう。何れにしろu-carを引き上げてもらうことであり、売り払う前に買い上げプライスを決定するための査定が行なわれるわけです。

見たてをして頂く時気に掛かるのがリサイクル料になります。使っていた自動車の品定めで提示される金額としてはその所有車本体の額、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険等々含めた値段の二つの種類があります。リサイクル料はそのユースドカーを買った時、もしくはリサイクル料が未払いのときには車検を通したさいに支払いとなるもので、先々使った自動車を廃車にして解体処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルするさいの費用となって使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまう場合にJARSから支払されることになります。

その時のコストは大体、軽自動車で8000円位、国産車であれば10000円位、外国の車ですと1.5万円くらい、それ以外で20000円ほどを納める必要性があったりもします。大概の使用ずみの自動車買取りであれば、そういった「リサイクル料」を使用済みの自動車の買上金額とは別で引取られることとなるのですが、リサイクルの料金を含んで買取り額となってるケースもあり、買い取りをお願いする際にまずはチェックしておくのが大切です。