今回は「車見積りと必要書類」について思うこと

自家用車を手放す時の方法には買取りや下取り等のやり方が有ります。下取りに関しては、新しい愛車を買った際には、それまで自分の車を買い取って頂くというものです。その自動車が乗車ができる状態だったらプライスがつきますが、とてつもなく古すぎる車であった際は廃車にするためのコストを求められるケースもなくはないです。

下取してもらう場合は専門のお店が買取りするという事ではないので、望むような値段での買い取りは難しいですが、おニューのクルマと交換で乗り換えが可能であるといういい点があります。その一方買取ですと、専業のクルマ買い取り専門店にお願いして買取して頂くといったものです。その時期が分かりづらいなどのよくない点もありますが、買い取られたくるまは中古車として出回るのがもともと決まっている訳ですので、割と望んだ金額での買い取りが期待できるでしょう。

買取、下取どちらのケースでも契約の際は色々な書類を前もって準備することが求められます。どういうものかというと、自動車検査証、自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券となります。その他実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

売却のときは譲渡証明書や委任状も必要となるのですが、これらは買取ショップにて準備してくれるでしょう。譲渡を頼みたい方としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明が用意すべきものになります。鑑定の際もそれらが確認されるため、無くした場合には再発行して頂く必要があります。

もし失くした場合でも査定自体は受けることが出来ますが、その場で即手続きは出来ないため見積金額に良くない影響が出てしまうでしょう。