使用済みの自動車を売却するときの手順にかかわることを、こちらでなるべく把握していきましょう

マイカーを売りわたす場合の手順としては買い取りと下取りというのがあります。下取のケースはおニューの中古車を買う際、今迄お乗りの使用済みの車を買い上げていただくというものです。大抵取扱店が引受けを行うため金額のほうは割と低めに見られるケースが多いです。

他方、買取りのケースは古い車の買い取り専門店がおこなっており、マイカーとして売ることを前提に買い取りプライスを決定するため、どっちかといえば高値での買取が期待できるでしょう。いずれにしても中古の自動車を引き受けてもらうことであり、売却をする前に買取り金額を決定するための査定が行われます。

見積りを行う際に気に掛かるのは「リサイクル料」です。中古車格付けで示される価格としては中古車それ自体の金額、ユースドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料というものを含んだ額の二つの種類が御座います。リサイクル料はu-carを購入した際、もしくはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた時に支払いとなるもので、将来、使った自動車を廃車として解体する時に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする際の代金という名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する場合JARSから払われるということとなります。

その場合のコストは大体、軽自動車であれば8千円程、普通車の場合10000円位、外車の場合約1万5千円、その他で2万円程度を納める必要があったりもします。多くの使った車買取りでは、そういったリサイクルの代金をクルマの買上金額とは別として引受けされることになる訳ですが、リサイクル料を含めて評定値段となっているケースも有り、引き受けを頼む時まずは確認しておくということが大事な事となります。