例の買取や下取り・リサイクル料について

自分のクルマのを処分するときの手立てというと買い取りと下取りのどちらかが有ります。下取りのケースというのはおニューの車を手に入れる時一緒にこれ迄の中古車を引き受けていただくというものです。主としてディーラーが買取りをおこなうため買取プライスとしては割と低目に見られるケースが多いです。

一方、買い取りのほうはくるま買取専門店がするもので、中古の車という名目で売ることを前提として引き受けの金額を決定するため、どちらかといえば高プライスの引受が望めます。いずれにしろ所有車を売却する事であり、引き取ってもらう前に買取価格を決めるための鑑定が行われます。

審査をして頂く場合に気になるのがリサイクル料となります。ユーズドカー値踏みで出してもらう金額というのは愛車本体のプライス、お車に附随する自賠責保険やリサイクル料などを入れた金額の2種類があります御座います。リサイクル料に関してはお車を買った際、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を受けたさいに支払われるもので、のちに中古車を廃車にして解体する場合に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルする為の費用という名目で使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

コストは、軽自動車なら8千円くらい、国産車の場合で10000円くらい、外国の車とかで1.5万円ほど、それとは別に2万円程度を入金する必要があります。大抵の中古車引取りであれば、そうした「リサイクル料」をクルマの引き受けプライスとは別で買い取りされるという事となる訳ですが、リサイクルの代金をいれて審査の値段であるという場合もあり、買い取りを頼む場合はまえもってチェックしておくことが大切な事となります。