改めて中古車買取とリサイクル料のこと

自分のクルマのを売るときの手順というと買い取りと下取りというのが存在します。下取のケースというのは新しい自動車を購入する際にこれ迄のくるまを買取して貰うというものです。たいてい新車の販売会社が引き取りをすることになるので売却額としては割と低めに見られることが多いです。

他方、買取りのほうはユーズドカー買取専業店が行っているもので、中古車という名目で店頭に並べることを前提に買取りのプライスを決めるので、わりと高値での引き取りが期待できます。何れにしろクルマを売却する事であり、売却する前に引受け金額を決めるための鑑定がおこなわれることとなります。

見積もりをおこなうとして気に掛かるのがリサイクル料となります。マイカー値踏みで出してもらう額というのはその自分の車のそれ自体のプライス、自家用車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険など含んだ額の2種類がありますございます。リサイクル料に関しては中古車を購入した際、又は「リサイクル料」が未払いだったときには車検の時支払いとなるもので、後に所有車を廃車として解体するさいに必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする際の費用ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体するさいに自動車リサイクルシステムから払われることになります。

料金はだいたい、軽なら約8千円、国産車で10000円程、外国製自動車とかで15000円位、それ以外で20000円ほどを納める必要性が有ります。大半のマイカー引取りでは、そういったリサイクルの代金を愛車の引受金額とは別で引取られることとなりますが、リサイクル代金を入れて評定価格であるという場合も有り、買取を望んでいる時先にチェックしておくのが大事なこととなります。