車買取店の車査定とのことだけどどうなんでしょう

車の買い受けの際は、まず先に車の査定をおこないます。その型式やいつのものかによって、ベースとなる状態でのプライスの目安をつかんでおきます。これと比較しその上を行くほど状態が悪ければ、評価額をマイナスとするといった手順で処理されていきます。

通常時の金額に関しては、買取業者側でベースとなる数字を保持しています。これは業者間だけで回されているもので、その額面は車種と年代で記されているものです。とはいっても、この金額はあくまでも標準的な数字であり、それ以上のものではございません。その上、その値段よりも高値で買取して頂けたり、場合によっては安い金額で引き取られたりすることすら当たり前ですが存在します。

お店の立場としては出来る限り安く引受けしたいので、買取店にもよりますが基本となる買い受けできる額を指し示した上で、更に低価格な方に話を持っていこうとします。売る方としては少しでも高い値段で売渡したいので、ここではしたたかに話を振るのが成功の秘訣です。もしくは、買い受けについてのプライスが解決できなかったのであれば一旦見送りとし、そこで話をストップしておきます。そして別の買取専業店と駆け引きをやっていくのです。

ここでもし価格が今まで以上に高値となり納得がいけば、最初の買取店との交渉は破談となっても気にせずOKです。言ってしまえば、売ろうとしている側が気に入るように交渉を進めていけばOKなのです。何があっても回避したいのは、焦って値段を決めてしまって、あとから残念な気持ちを残すことです。売却額はあくまで強気にいった方が後悔はしません。”